オリジナルの青汁

かつては、まずい、苦いなどの理由から一部の人のみに愛用されていた青汁。
いまやドラッグストアやコンビニでも手に入るほどポピュラーな存在になり、味や機能性もだいぶ改良されました。
迷ってしまうほどたくさんのメーカーから発売されており、人気のメーカーでは何種類かのバリエーションでファンを増やしているケースもあります。
普段の食事では不足しがちな青野菜などをたった一杯の青汁で効率よくとれるのが便利な青汁ですが、飲み慣れてくると物足りなくなる人がいるのも事実。
また、青汁単体で飲み切るには味が苦手として、水以外の飲み物で割って飲む人も少なくありません。
ダイエット目的や小腹を満たす目的で飲む人なら、飲みごたえを重視して濃厚なドリンクとのミックスを採用しています。


実は、長年の愛用者には、飲むだけでなく食べる方法でも有効活用している人がいます。
人気のレシピサイトをのぞいてみると、1,000以上ものバリエーションレシピが掲載されており、いかに青汁が普及しているかがわかります。
利用目的によっても、活用の仕方は違ってくるでしょう。
ヘルシーなデザートの材料として、主食でとりたい、おかずとして調理するにはと、レシピは再現なく広がっています。
野菜の成分がぎゅっと凝縮された便利なアイテムとして、利用価値は大。


お気に入りのレシピを見つけることで、苦手だった青汁も毎日とりやすくなります。
ここでは、そんなレシピの数々を紹介します。


▼管理人推奨リンク
青汁の健康に対する効果などを解説しているサイトです → 青汁の効果